電話番号:084-932-2485

〒720-0812 広島県福山市霞町2-4-3

福山駅南出口 徒歩8分

福山市 胃腸科 内科 胃カメラ 内視鏡検査 胃がん 大腸がん

設備紹介

QRコード
HOME»  設備紹介

内視鏡

胃内視鏡検査では、口あるいは鼻から内視鏡を挿入して、胃の内部を検査します。

主にバリウムで精密検査が必要とされた方や、胃の痛み、吐き気、胸やけなどの症状の方にお勧めしています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃びらん、ポリープ、逆流性食道炎などの病気の有無が分かります。

大腸内視鏡

大腸内視鏡では、肛門から内視鏡を挿入して、大腸を検査します。

便潜血反応陽性の方、血便が出た方、便通の異常がある方などにお勧めしています。

大腸がんやポリープ、炎症性腸疾患などの診断ができます。

CT

頭部、胸部、腹部のCT検査を実施しています。

検査台に横になり、検査台が輪の中を進む間に、体の断層写真を撮ります。

特に肺に関しては多くの情報が得られます。

必要な場合は造影検査といって、腕に注射をしながら写真を撮ることもあります。

X線診断

胃透視

バリウムを飲んでレントゲンを撮る検査です。
胃ポリープやがん、潰瘍などが分かります。

前日夜9時以降絶食で来院いただければ、予約なしでも検査できます。
検査後下剤を飲んでバリウムを出さないといけませんので、便秘傾向の方にはお勧めできません。

注腸検査

バリウムを肛門から入れてレントゲン写真を撮る検査です。
大腸ポリープやがんなどが分かります。
痛みは少ない検査ですから、大腸内視鏡検査で痛みが強い方や癒着のある方にお勧めしています。

前日からの食事制限と下剤を服用することになります。
予約が必要です。

超音波検査(エコー)

超音波検査(エコー)は、お腹の聴診器と言われるほど、簡単に多くの情報が得られる検査です。

お腹に痛みのある方や、検診の血液検査で肝臓や膵臓の異常を指摘された方に行います。

ゼリーを塗って機械を当てて診るので、痛みはありません。妊婦さんにも使用されている安全な検査ですので、安心して受けていただけます。

TOP PAGE